「経営者に本当に必要な医療保険とは」を追加しました。

最近ではマネー雑誌などで、保険特集が多く組まれています。その中で、医療保険の特集も同様に多く組まれていて、各保険会社の医療保険の違いなどについて詳しく言及されています。

しかし、その雑誌は一般個人向けに書かれているのであり、会社経営者に向けては書かれていません。

会社経営者は、雑誌で多く取り上げられているような「入院すると一日○○○○円」といった保険の部類に入っていてはだめなのです。このような保険では、経営者のリスクはカバーされていないのです。

理由は以下のとおりです。



経営者はのんびり入院生活などしていられません


経営者にとっては、一日いくらの入院給付金を稼ぐために、のんびり入院している暇はありません。すぐにでも退院して、会社運営に復帰しなければ、会社存続の危機となりますから。

一般的な医療保険は、病院で入院していない限り、何も支払われません。よって、そのような「入院日額あたりいくらいくら出る」という医療保険は、いざという時にまったく役に立たないのです。



日額で一定の給付金しか出ない保険では、安心して闘病生活を送れません


経営者は病気を早く治して退院しなくてはなりません。そのためには最高の治療を受けたいと考えます。しかし、最高の治療だと健康保険の適用外の場合が多くあります。治療費用が多くかかります。

そんな時、一般的な医療保険では、入院日数あたりいくらしか給付金が出ませんから、わずかの金額しかカバーしてくれません。最高の治療を受け、早く退院して会社運営に復帰したいのにもかかわらず、費用面で不安になり、満足のいく入院生活を送ることができなくなるわけです。

経営者たるもの、高度先進医療や差額ベッド代、その他もろもろの治療関連費用がすべて出るような医療保険で、正しくリスクカバーをしておく必要があります。そして、一早く完治して、会社に戻れるように備えておく責任があるのです。



病気が治るか治らないかは最適な専門医にたどり着けるか着けないかで大きな差が出ます


いくらお金があっても、適切な専門医の医者にたどり着けなければ、最後に命は助かりません。例えば、ガンの場合でも、その部位によって、適切な専門医は変わってきます。どこの病院で治療するかというのが大切ではなく、最適な専門医にたどり着くかが大切なのです。

大学病院の系列とかは関係なく、適切な専門医にたどり着くためには、お金ではなく正しい情報とそこにたどり着ける仕組みが大切です。

経営者に必要な医療保険は、大学系列に関係なく、横断的に専門医を紹介してくれるサービスが付保された保険であるべきです。最適な専門医にたどり着き、少しでも早く完治して仕事に復帰することが会社運営責任者として望まれているからです。

以上のように、経営者に必要な医療保険は、代表取締役不在となる会社運営不能リスクを最小限にしてくれるような保険でなくてはいけないのです。一般的に人気がある医療保険では経営者のニーズを満たせていないのです。

実は、このような内容をすべてカバーしてくれる医療保険が存在します。

ただ、そのような医療保険だと、保険料がかなり高くなると思われるかもしれませんが、そんなことはありません。年齢にもよりますが、年間保険料が数万円だけという、非常に安い保険料で上記のリスクがカバーされます。小さな金額で、大きな安心を得られる保険です。

経営者に必要な医療保険という観点での提案を、インフォランスのコンサルタントから受けてみて下さい。私たちは会社経営とは何かを理解しているからこそ、経営者の不安がわかるのです。このような正しい医療保険を導入した経営者様は、今までとは違った、大きな安堵感を必ず得られると思います。

関連記事

  1. 大好評企画の第二回!InfoView vol.02 ユーショップデジタ…

  2. 出版メディア戦略コンサルティング

  3. 新卒採用と企業ブランディング

  4. 「Premium日本橋時間」に掲載

  5. 年末年始営業のご案内

  6. 経営者の“経営力”を上げる情報誌「経営者通信」10号に掲載