逓増定期保険に関する通達

平成20年2月28日、国税庁より逓増定期保険に関する通達が発布されました。詳細につきましては、国税庁ホームページよりご確認ください。なお、通達の内容を簡単に説明させていただきますと、大きく2つが挙げられます。

1. 今までの税制では、全額損金扱いであった逓増定期保険が、1/2損金(1/2は資産計上)の扱いになるということ。
※保険期間、契約年齢によって税務取扱が異なります。

2. 改正通達の適用時期については、平成20年2月28 日以後の契約に係る逓増定期保険となり、2月27日以前の契約についての遡及はされないということ。

※既契約のお客様に関しましては、従前の税制のままとなりますので今までの保険料、今後支払い予定の保険料の両方が全額損金扱いとなります。※2月28日以降の契約をご検討中のお客様は、1/2損金でのご契約となります。

関連記事

  1. プロマーケット掲載税理士がアンジャッシュと共演!

  2. 「ベストベンチャー100」に選ばれました。

  3. メットライフ「東日本大震災に関するお知らせ」

  4. インフォランスグループの株式会社インフォアクセルサイトオープン

  5. 大和生命の更生特例法の適用申請(経営破綻)について

  6. カンボジア国際教育支援基金【CIESF】の法人スポンサーとなりました